Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テスト環境の設定不備でメール誤送信が発生 - 経済産業調査会

経済産業調査会において、メールの誤送信が発生し、関係者のメールアドレスが流出した。

同団体によれば、2月9日から10日にかけて、サーバのテスト環境においてCGIの動作テストを行ったところ、同団体宛に送られたメールのアドレスを、メールマガジンの一部購読者宛てに誤って転送する事故が発生したという。

同団体ではメール配信システムを停止、ログを調査したところ、テスト環境におけるメールの宛先が誤って設定されていることが判明した。ウイルスや不正アクセスなどの被害については否定している。

同会では事故の発生を受け、誤送信したメールの削除を依頼するなど対応を実施。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県