Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出の98%が詐欺サイト、スマートフォン狙った攻撃も拡大中 - BBSS調査

BBソフトサービスは、2013年1月における不正サイトの検出状況を発表した。ワンクリック詐欺サイトが大半を占めている。

同社の不正サイト対策製品「Internet SagiWall」による検出状況をまとめたもの。悪質なサイトの検知件数は44万9649件にのぼり、「ワンクリックおよび不当請求詐欺サイト」が全体の98%を占めた。

「フィッシング詐欺サイト(0.6%)」「マルウエア感染サイト(0.5%)」「偽ソフト配布サイト(0.4%)」「脆弱性悪用サイト(0.3%)」などもあわせて検知されている。

ワンクリック詐欺サイトによる攻撃が中心だが、特に「Android」では、アダルトコンテンツサイトを装った詐欺サイトの検出が顕著で、大きな偏りを見せたという。一方、同じスマートデバイスである「iPhone」や「iPad」は、Flashに対応していないことから、ワンクリック詐欺サイトの検出が少ない傾向だった。

同社では、広告を配信するアドネットワークの一部で詐欺サイトへ誘導する悪質な広告を確認しており、一般的なサイトから詐欺サイトへ誘導されるケースもあると指摘。スマートフォンを対象としているケースもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に