Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月はフィッシング報告件数増加 - 一方でユニークURLは減少

フィッシング対策協議会は、1月に寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。クレジットカード会社や銀行を騙るケースが多数報告されている。

同レポートによれば、1月のフィッシング報告件数は、前月比40件増となる92件だった。一方で、フィッシングサイトに利用されたユニークURLの件数は、174件と高い水準を保ちながらも、急増した前月から一転し、33件の減少となった。

不特定多数のユーザーにフィッシングが送信されたものの、同一のフィッシングサイトへ誘導する攻撃が目立っており、三菱東京UFJ銀行を偽装するケースでは、数度にわたり同じURLへ誘導する攻撃が繰り返されたという。

攻撃に悪用されたブランド件数は、2件増となる7件。同協議会では、PayPalを騙ったフィッシングを確認し、注意喚起を行っている。前月に引き続き、ウェブメールサービスを装ったフィッシングも引き続き発生している。

(Security NEXT - 2013/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告