Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スズキ販売代理店の顧客情報、ネット上で検索可能な状態に

スズキは、自動車販売代理店が管理していた顧客情報832件が、インターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

閲覧可能となっていたのは、17店が管理していた顧客情報832件。顧客の氏名、住所、電話番号のほか、車両の登録番号や年式、車検有効期限などの車両情報が含まれる。2012年12月29日から2013年1月18日まで閲覧可能だった。

代理店のホームページを更新した際、担当者が顧客情報含むファイルを誤って外部からアクセスできる領域に保存。インターネットで検索できる状態になっていたという。

現在は閲覧できないよう対策を実施済みで、情報の不正利用は確認されていない。対象となる顧客に対しては、各代理店が説明や謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
トヨタのネット接続サービス、アクセスキーが公開ソースコード内に - 情報流出の可能性
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
「Emotet」感染で従業員装うメール - 東北海道いすゞ自動車
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明
ユーザー車検代行利用者へのアンケートで誤送付 - 国交省
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で