Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀行を騙るフィッシングが発生 - 「乱数表」や「第3暗証」も詐取

三井住友銀行を装ったフィッシングサイトが確認されたとして、同行やフィッシング対策協議会は、インターネットバンキング利用者へ注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「三井住友銀行より大切なお知らせです」といった件名で送信されており、「サーバのバージョンアップ」や「セキュリティ強化」などもっともらしい説明で騙し、メール内に記載したリンク先より情報を入力するよう求める。

リンク先となるフィッシングサイトは、複数のページで構成されており、それぞれのページで「契約者番号」や「第1暗証」、本来すべての数字を入力するよう求められることはない第2暗証の「乱数表」および「第3暗証」の入力フォームが用意されていた。

同協議会では、誘導先フィッシングサイトのURLとして2種類を把握しており、いずれも11月12日の時点で停止を確認しているが、類似した攻撃が発生する可能性があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化