Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSサーバ「BIND 9」に深刻な脆弱性 - サービス停止のおそれ

DNSサーバ「BIND 9」に、サービス停止へ陥る脆弱性が含まれていることがわかった。影響が大きいとしてInternet Systems Consortium(ISC)やセキュリティ機関は、対策を講じるよう注意を喚起している。

問題の脆弱性「CVE-2012-5166」は、リソースレコードの処理に存在しているもので、細工したRDATAを読み込むと、問い合わせへ応答しないサービス停止の状態へ陥るという。

今回の脆弱性は権威DNSサーバ、キャッシュサーバの双方に影響があり、DoS攻撃が行われる可能性がある。また直接インターネットへ接続していないサーバも攻撃の対象になりうるという。

現在「同9.6-ESV-R8」や「同9.6-ESV-R7-P4」をはじめ、脆弱性を修正した最新版が公開されており、ISCやセキュリティ関連機関では、アップデートや回避策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性