Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ銀を装う不審メールに注意 - 問い合わせ約60件、実被害も発生

みずほ銀行は、同行を装ったフィッシング詐欺メールへ注意を呼びかけている。9月25日には不正な取引により被害が発生した。

同行のオンラインバンキングサービス「みずほダイレクト」の契約情報を詐取しようとするフィッシングメールが、不特定多数へ送信されていることから、同行が注意喚起を行ったもの。9月25日には実際に被害が発生したという。

HTMLメールやメール内に記載されたリンク先で、「ID」や「暗証番号」などを詐取する手口で、9月9日から9月26日までに同行へ約60件の問い合わせが寄せられている。

同行では、ウェブサイトや電子署名を添付したメールで利用者へ注意喚起を実施。誤って情報を入力してしまった場合は、同行まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導