Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android用暗号化アプリとMDMが連携 - SDカード暗号化にも対応

東京システムハウスとAXSEEDは、モバイルデバイス管理システムとAndroid用暗号化アプリの連携を実現する「SPPM2.0 ファイル暗号化K2FMEEオプション」を、10月1日より発売する。

同オプションは、AXSEEDが提供するMDMシステム「SPPM2.0」と、東京システムハウスが提供する暗号化アプリ「K2filemanager Enterprise Edition」の連携により実現したソリューション。端末の内部拡張メモリや、SDメモリカードなど外部メモリに保存されたファイルの暗号化を実現。端末紛失時の情報漏洩を防ぐ。

システム管理者が各端末の暗号化状況を確認できるほか、同じ企業内の端末同士の場合、ファイルを暗号化したまま添付してメール送受信できる。価格は、1台あたり月額250円。

(Security NEXT - 2012/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡