Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、IT資産管理ソフトの最新版をリリース - 機密情報ファイルの検出など新機能

ハンモックは、IT資産管理ソフト「AssetView PLATINUM」の最新版となる「同Ver.4.2」を発表した。10月17日より出荷開始する。

同ソフトは、IT資産管理ソリューションで、機能別に製品ラインナップを用意。環境や目的に応じて必要な機能だけ利用できるセレクトエディションと、すべての機能とオプションを包括したフルエディションから選択できる。

最新版では、個人情報検索機能を提供する「同I」およびPC操作ログ管理機能を提供する「同M」を併用することで、ファイル操作時に内容をチェックして、個人情報や機密情報が含まれる場合に警告を発する機能を追加した。

このほか、資産管理機能を提供する「同A」がMacに対応し、情報の自動収集に対応。また全製品の管理コンソールが、日本語と英語にくわえ中国語にも対応している。

(Security NEXT - 2012/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション