Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月中旬から中国からの攻撃が増加中 - 狙いはウェブへの不正侵入や改ざん

ウェブアプリを狙った中国からの攻撃が増加しているとして、ラックは不正侵入や改ざんなどへ注意するよう呼びかけている。

同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」における検知状況を取りまとめたもの。9月中旬より攻撃が増加しており、なかでも中国を発信元とする攻撃が目立っているという。

同社によれば、中国からの攻撃は、おもにウェブアプリケーションがターゲットとされており、13日にはPHPのCGIモードにおける脆弱性を突いた攻撃が600件以上発生。さらに14日から17日にかけてSQLインジェクション攻撃が急増し、ピークを迎えた16日には1日あたり800件弱を観測した。

脆弱性に対する攻撃が成功した場合、情報漏洩やウェブサイトの改ざん、データ破壊など大きな被害をもたらす可能性がある。

またミドルウェアも狙われている。脆弱性はもちろん、最新版へアップデートしている場合も、設定や権限の不備が突かれ、外部からファイルのアップロードが可能になる場合があると同社は危険性を指摘している。

同社は、ログなどから攻撃対象となっていないか確認するとともに、ウェブアプリの脆弱性診断を行い、必要に応じてWAFを活用するなど、セキュリティ対策の実施状況を再度確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請