Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、クラウド型セキュリティ基盤を拡充 - モバイルや脆弱性などのDBを統合

logotm.jpg

トレンドマイクロは、同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」を拡充すると発表した。

「SPN」は、クラウド上でセキュリティ関連情報を収集、分析し、同社のセキュリティ対策製品やサービスに活用しているセキュリティ基盤。これまでも不正なメールやウェブ、ファイルのレピュテーション機能で利用しているが、さらに複数データベースを統合し、相関分析などを強化する。

120807tm_01.jpg
「Trend Micro Smart Protection Network」の進化(トレンドマイクロ)

具体的には、モバイルアプリのレピュテーション機能や正規アプリケーションの情報を収録した「ホワイトリスト」を追加。さらに「OS」や「アプリケーション」の脆弱性を悪用する攻撃コードを検出するための「脆弱性ルール」や、不審な通信を検知するための「ネットワークトラフィックルール」などを統合する。

また既存の「ファイルレピュテーション」については、コミュニティからのフィードバックを反映させるほか、「ウェブレピュテーション」についても、サンドボックスやエミュレータを活用し、評価の即時性を向上させる。

データ処理量としては、2008年と比較すると約6倍に増強し、1日あたり6Tバイトの処理を実現。クエリ処理量についても3倍強となる160億クエリに対応する。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
「Salesforce」で設定不備、外部アクセスにより情報が流出 - JICA