Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃に対応する政府の緊急支援チーム「CYMAT」が発足 - 26人でスタート、将来40人規模に

政府は、情報セキュリティ緊急支援チーム「CYMAT(Cyber Incident Mobile Assistant Team)」を6月29日に内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ設置した。

同チームは、サイバー攻撃などセキュリティインシデント発生時に被害機関を支援する組織。政府では、各機関にCSIRTの整備を進めて来たが、大きなインシデントが発生した場合に人員不足なども懸念されることから、府省庁間で連携し、横断的に対応できる体制を構築した。

支援対象は、政府機関のほか、CISO等連絡会議のオブザーバー参加機関、独立行政法人。政府CISOである情報セキュリティセンター長が統括責任者を務め、サイバー攻撃に対する被害拡大防止、復旧、原因調査、再発防止などにあたる。

CYMATの要員は、各府省庁から派出された職員で、内閣官房の併任辞令を発令することで構成した。発足時点のメンバーは26人で、最終的には40人程度の規模となる予定。今後は平常時より、構成員の能力向上を目指し、研修や訓練を行う。

(Security NEXT - 2012/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
金融機関に対策徹底を再度要請、攻撃受けたら報告を - 金融庁
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA
「ProjectWEB」の被害組織数を上方修正 - 富士通