Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前利用者のデータが残存する中古HDD入り製品を販売、回収へ - ドスパラ

コンピュータショップ「ドスパラ」で販売された製品内の中古ハードディスクに、旧利用者のデータが消去されずにそのまま残存している可能性があるとして、同店では製品の回収を進めている。

同店を運営するサードウェーブによれば、問題が判明したのは、2012年2月1日から5月30日にかけて、ドスパラ店舗や同店中古ショップ、通販などを通じて販売した「半完成品PC」へ組み込まれたハードディスク。

同製品33台について、同社に流通する以前の利用者に関するデータが保存された状態のまま、販売されていた可能性があることが、6月1日に判明したという。

同社では今回の事態を受け、製品の回収を実施し、返金、あるいは代替品との交換にて対応するとしており、通信販売など特定が可能な顧客に対しては直接連絡を取っている。

またショップ経由で販売した顧客については、ウェブサイトで伝票番号を公開しており、心当たりがある顧客に対しては、同店の特設窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県