Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前利用者のデータが残存する中古HDD入り製品を販売、回収へ - ドスパラ

コンピュータショップ「ドスパラ」で販売された製品内の中古ハードディスクに、旧利用者のデータが消去されずにそのまま残存している可能性があるとして、同店では製品の回収を進めている。

同店を運営するサードウェーブによれば、問題が判明したのは、2012年2月1日から5月30日にかけて、ドスパラ店舗や同店中古ショップ、通販などを通じて販売した「半完成品PC」へ組み込まれたハードディスク。

同製品33台について、同社に流通する以前の利用者に関するデータが保存された状態のまま、販売されていた可能性があることが、6月1日に判明したという。

同社では今回の事態を受け、製品の回収を実施し、返金、あるいは代替品との交換にて対応するとしており、通信販売など特定が可能な顧客に対しては直接連絡を取っている。

またショップ経由で販売した顧客については、ウェブサイトで伝票番号を公開しており、心当たりがある顧客に対しては、同店の特設窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀