Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラビックスら、サーバ監視サービス用のAndroidアプリを提供開始

ラビックスとビーティスは、サーバ稼働状況をクラウド上で確認できるサービス「T_Station」向けにAndroidアプリ「T_Station for Android」を共同で開発し、配信を開始した。

「T_Station」は、WindowsやLinuxをはじめとするサーバの監視に対応したクラウドサービス。障害時にメールでアラートを送信するほか、ウェブサイト上で稼働状況や障害内容を確認できる。

従来よりブラウザ上から確認可能だったが、同アプリでは、ログイン情報をアプリケーションに記憶できるほか、端末の画面にあわせてサーバの稼働状況を表示できるなど、ユーザビリティが向上している。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード