Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラビックスら、サーバ監視サービス用のAndroidアプリを提供開始

ラビックスとビーティスは、サーバ稼働状況をクラウド上で確認できるサービス「T_Station」向けにAndroidアプリ「T_Station for Android」を共同で開発し、配信を開始した。

「T_Station」は、WindowsやLinuxをはじめとするサーバの監視に対応したクラウドサービス。障害時にメールでアラートを送信するほか、ウェブサイト上で稼働状況や障害内容を確認できる。

従来よりブラウザ上から確認可能だったが、同アプリでは、ログイン情報をアプリケーションに記憶できるほか、端末の画面にあわせてサーバの稼働状況を表示できるなど、ユーザビリティが向上している。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド