Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ISPでメールアカウントの乗っ取り被害が発生中、原因不明 - JPCERT/CCが情報提供呼びかけ

メールアカウントを乗っ取られ、スパム送信に悪用される被害を複数確認しているとして、JPCERTコーディネーションセンターは、情報提供を呼びかけている。

同センターでは、今回の乗っ取り被害が、複数ISPのメールサービスで発生していることを確認。通常、ISPのメールサービスでは、送信時に認証が必要だが、攻撃者はなんらかの方法で取得したアカウントとパスワードを利用して正規ユーザーになりすまし、大量のスパムを送信していたという。

アカウント情報を奪う手段としては、ユーザーから情報を詐取するフィッシング、端末内からデータを盗むマルウェア、メールサーバに対するブルートフォース攻撃など考えられるが、今回の攻撃では、アカウント情報の流出経路がわかっていない。

同センターでは、攻撃手法を分析し、被害の拡大を防止するため、インシデントに遭遇したユーザーに情報提供を呼びかけており、情報をウェブフォームやメールにて受け付けている。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン