Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECフィールディング、資産管理サービスにデバイス制御やログ収集機能を追加

NECフィールディングは、クライアントPCのセキュリティ管理と資産管理を提供するASPサービスに、デバイス制御やログ取得機能を追加した新サービス「iQQsam Powered by SKYSEA Client View」を6月15日より提供開始する。

iQQsamは、PC100台から1500台程度を利用する中小企業において、IT資産管理システムの導入から運用までをトータルでサポートするASP型サービス。

今回、SKYが提供する資産管理ソフト「SKYSEA Client View」のUSBデバイス制御、およびログ取得機能を追加。クライアントPCやIT機器、ソフトウェア資産の一元管理と合わせて利用できるようになった。

価格は、1クライアントあたり資産管理機能とデバイス管理機能がともに月額525円。ログ管理機能が月額630円。

(Security NEXT - 2012/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト