Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンMJがウェブ改ざん被害、閲覧でマルウェア感染のおそれ - 誘導スパムも発生

キヤノンマーケティングジャパンが運用するサーバに不正アクセスがあり、一部ウェブページが改ざんされ、閲覧者にマルウェア感染のおそれがあることがわかった。ニュース配信を装い、改ざんページへ誘導するスパムも発生している。

今回改ざん被害が発生したのは、同社がソフトウェアのデモンストレーション用として運用しているサーバ。4月25日11時ごろから5月10日15時半ごろにかけて、同サーバのページ「http://lcw.asms.jp/igc/overview.html」が改ざんされたという。すでに同社では、問題のサーバを停止している。

期間中に同ページへアクセスすると、不正なJavaプログラムがダウンロードされ、実行されるとトロイの木馬に感染するおそれがあった。さらにニュース配信を偽装し、ニュースサイトのURLに見せかけた本文中のリンクから、改ざんページへ誘導するスパムメールが発生、期間中に191件のアクセスがあったという。

同社は、心当たりがある利用者に対して、ウイルススキャンを実施するよう呼びかけている。また今回の不正アクセスによる他サーバへの侵入や個人情報の漏洩については否定している。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害