Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ経由の受け渡しで顧客情報が閲覧可能に - 日本メディアサプライ

日本メディアサプライは、同社が運営するショッピングサイトにおいて、一部顧客情報がインターネット経由で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

閲覧可能となったのは、DVDなど販売する同社運営サイト「エンタランド」の一部顧客情報。事務処理のため、2011年4月から2012年1月までの売上集計ファイルを、サーバへアップロードして受け渡しを行ったが、閲覧を制限しておらず、外部からアクセスできる状態だったという。

同ファイルには、顧客483人分の氏名やメールアドレス、購入日、購入商品名、決済方法、決済金額、利用ポイント数などが含まれており、同社では関係者に対して事情の説明や謝罪を行っている。

5月1日に顧客の指摘により問題が判明。同社ではサーバ上からデータを削除し、Googleへ検索エンジンからデータを消去するよう依頼した。同社では引き続き調査を行っており、流出を発見した場合は削除を依頼するとしている。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで