Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ経由の受け渡しで顧客情報が閲覧可能に - 日本メディアサプライ

日本メディアサプライは、同社が運営するショッピングサイトにおいて、一部顧客情報がインターネット経由で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

閲覧可能となったのは、DVDなど販売する同社運営サイト「エンタランド」の一部顧客情報。事務処理のため、2011年4月から2012年1月までの売上集計ファイルを、サーバへアップロードして受け渡しを行ったが、閲覧を制限しておらず、外部からアクセスできる状態だったという。

同ファイルには、顧客483人分の氏名やメールアドレス、購入日、購入商品名、決済方法、決済金額、利用ポイント数などが含まれており、同社では関係者に対して事情の説明や謝罪を行っている。

5月1日に顧客の指摘により問題が判明。同社ではサーバ上からデータを削除し、Googleへ検索エンジンからデータを消去するよう依頼した。同社では引き続き調査を行っており、流出を発見した場合は削除を依頼するとしている。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP