Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JOGA、オンラインゲーム業界向けガイドラインを改定 - 課金問題やRMT対策盛り込む

日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、オンラインゲームのトラブルを未然に防止することを目指して、「オンラインゲーム安心安全宣言」を策定した。

同協会は、オンラインゲーム事業者など正会員26社、準会員15社、賛助会員2社が参加する業界団体。オンラインゲームの安全利用を目的として2009年8月にガイドラインを策定しているが、未成年ユーザーへの課金問題や、仮想通貨やアイテムの金銭取引(RMT)問題へ対応するため、ガイドラインを改定したもの。

あたらしいガイドラインでは、不正アクセスなどトラブルの原因となるとして、RMTの禁止をあらためて宣言。RMTを目的とした不正アクセスを防止するため、十分なセキュリティ対策を実施することを明記した。

また、IDやパスワードが漏洩した場合に被害を最小限にとどめるため、データを暗号化して管理することや、不正アクセスに関して事業者間で情報共有を行うことなども定めている。

このほか未成年ユーザー対策として、課金方法のわかりやすく説明し、ゲームの無料と有料の区別を明確にすることや、誤解を招く広告の禁止、月ごとに利用料金の上限を設けるなど、過度な課金を未然に防ぎたいとしている。

今後は、「JOGA 安心安全宣言ホームページ」上で、ガイドラインに基づく各社の取り組みについて公開する予定。

(Security NEXT - 2012/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト