Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ利用者増加、約4人に1人が所有 - Android所有者が56.7%となりiOSと逆転

スマートフォンを、約4人に1人が所有していることがわかった。10人に1人以下だった前年調査を大きく上回る水準で、Android端末の所有者の割合増加が目立っている。

ディーツーコミュニケーションズ(D2C)が、2月に実施したスマートフォンの普及動向の調査結果によるもの。同社より委託を受けたビデオリサーチが、全国15歳から69歳の調査モニターパネルを対象に郵送で調べた。サンプル数は3000。

スマートフォン普及率は 23.6%で前回調査の7.6%から16ポイント上昇した。女性ユーザーは38.9%で、特に女性の所有者増加が目立ったという。年齢層では、20歳から29歳の所有割合が高く、男性は48.3%、女性は54.2%が利用している。

また非所有者についても「ぜひ購入したい」が10.3%、「まあ購入したい」が22%と、あわせて32.3%が購入の意向を示し、前回調査から4.4ポイント上昇した。

所有端末におけるOSの比率を見ると、Androidが56.7%と半数を超え、前回の29.1%から躍進した。一方iOSは、前回の57.7%から今回39.6%へと割合が低下し、Androidと所有率が逆転している。

(Security NEXT - 2012/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない