Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含む書類は盗難 - 大阪市立保育所

大阪市立保育所の職員が盗難に遭い、児童31人の個人情報含む書類を紛失したことがわかった。

被害に遭ったのは、所外保育に参加した児童30人の氏名と年齢が記載された書類、および児童1人の氏名や年齢、健康状態、保護者との懇談内容などが記載された児童票など。

3月27日22時50分ごろ、職員が帰宅途中に堺市の店舗に原付バイクを駐輪。書類の入った鞄をかごに入れたまま買い物をして戻ると、鞄がなくなっていたため、警察へ届け出た。同所では、対象となる児童の保護者に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
メルマガで配信ミス、メルアド2957件が流出 - トライアスロン専門ショップ
世帯情報含む国勢調査の関係書類を紛失 - 大磯町
配達中にバイクが水路へ転落、一部郵便物を回収できず - 郵便局
母体や乳児の患者情報含むUSBメモリがひったくり被害 - 九大病院
横浜市の小学校教諭がひったくり被害 - 児童の個人情報が盗難
患者情報138件含むUSBメモリがひったくり被害に - 九州大学病院