Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス

京葉ガスは、委託先のグループ会社において、顧客情報含む検針用携帯端末の盗難が発生したことを明らかにした。

同社によれば、ガスメーターの検針業務を委託している京葉ガスカスタマーサービスにおいて、4月26日に検針用携帯端末の盗難が発生したもの。

盗まれた端末には、千葉県柏市の顧客307件の氏名や住所、ガス使用量、領収金額などが保存されていた。同端末には暗証番号が設定されており、入力を数回誤るとロックされるしくみだという。

委託先の従業員が、自宅でバイクの盗難に遭ったもので、バイク後部の鍵付き収納ボックスに問題の端末が入っていたという。警察へ届け出たが、盗難物は見つかっていない。

同社では、対象となる顧客を個別に訪問して、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
DMに誤った住所を記載して発送 - 新日本設備
無関係の顧客情報をメールで委託先に誤送信 - ガスパル中国
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
光通信サービスの顧客情報を契約法人に誤送信 - ミツウロコヴェッセル
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス