Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃が3割減、一方国内でホストされるサイトが増加

EMCジャパンRSA事業本部は、2012年2月に観測したフィッシング攻撃の状況について取りまとめた。攻撃数が前月から3割減少する一方、日本国内でホストされたフィッシングサイト数が増加した。

120329rs_01.jpg
フィッシング攻撃数の推移(グラフ:EMCジャパン)

同社によれば、1月は2万9974件と2011年9月の3万8970件に次いでフィッシング攻撃が多発したが、2月は2万1030件へと大きく減少し、2万件台に突入した2011年5月以来、最低となった。

攻撃を受けた回数の割合を国別のを見ると、米国が35%でトップ。前回4%だったカナダが27%まで上昇して続いた。前回60%を占めてトップだったイギリスは17%まで縮小している。

フィッシング攻撃を受けたブランドは、前月と同じ281件で、そのうち131件は6回以上の攻撃を受けた。ブランドの割合を国別で見ると、米国が30%、イギリスが13%で目立っている。

フィッシングサイトのホスト国の割合を見ると、前月82%だった米国が46%で36ポイント減となったものの引き続き最多。次いで8%でドイツ。イギリス、ロシア、フランスがいずれも5%で後を追っている。

また日本が3%で圏外から6位に再浮上した。国内でフィッシングサイトがホストされたケースは前月比122件増となる263件と拡大しており、2011年12月の466件に次ぐ規模となった。

(Security NEXT - 2012/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的