Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15歳以下のユーザーを対象にチャットなどのサービスを制限 - アメーバピグ

サイバーエージェントは、同社アバターサービス「アメーバピグ」「ピグライフ」において、若年者を対象に機能制限を4月から実施することを明らかにした。

同サービスは、アバターを仮想空間内で操作し、チャットやゲームなどを楽しむことができるSNSサービス。利用者数は2011年11月の時点で1000万人を超えている。

SNSサイトが「出会い系サイト」として利用され、若年層が被害に遭うケースもあることから、同社では青少年保護としてこれまでも年齢確認を実施し、18歳未満の利用者に対して一部機能に制限を加えているが、4月24日以降は、15才以下の利用者を対象に他ユーザーとコミュニケーションを取る機能について大幅に制限を実施するという。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「UCSカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 利用を制限と不安煽る
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大