Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15歳以下のユーザーを対象にチャットなどのサービスを制限 - アメーバピグ

サイバーエージェントは、同社アバターサービス「アメーバピグ」「ピグライフ」において、若年者を対象に機能制限を4月から実施することを明らかにした。

同サービスは、アバターを仮想空間内で操作し、チャットやゲームなどを楽しむことができるSNSサービス。利用者数は2011年11月の時点で1000万人を超えている。

SNSサイトが「出会い系サイト」として利用され、若年層が被害に遭うケースもあることから、同社では青少年保護としてこれまでも年齢確認を実施し、18歳未満の利用者に対して一部機能に制限を加えているが、4月24日以降は、15才以下の利用者を対象に他ユーザーとコミュニケーションを取る機能について大幅に制限を実施するという。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化