Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFR、「Windows 2000」向けセキュリティ製品の販売とサポート期間を延長

フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は、「Windows 2000」の利用者向けに提供している「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能 for Windows 2000」の販売およびサポート期間を延長した。

同製品は、2010年にサポート期間を終了している「Windows 2000」向けの法人向けセキュリティ対策ソフト。プログラム実行時における不正な動作を監視し、既知や未知の脆弱性に対する攻撃を防御する。

今回同社では、3月31日に予定していた販売終了日を2013年3月31日に変更。サポート期間についても1年延長し、2016年3月31日まで延長した。

同社では最新OSとなる「Windows 7」への移行を推奨しており、移行期間のリスクを軽減する目的で同製品を提供しているが、現状「Windows 2000」を搭載した端末が企業に残存しており、問い合わせも寄せられていることから期間を延長したという。

(Security NEXT - 2012/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス