Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りスマートフォンを紛失 - 細田工務店

細田工務店は、従業員が2011年末に顧客情報を登録したスマートフォンを紛失したことを明らかにした。

同社によれば、12月20日に紛失が判明したもので、所在不明のスマートフォンには、顧客の氏名や電話番号など8件の個人情報が含まれていたという。

紛失したスマートフォンは、起動時にパスワードが必要で、複数回入力を誤ると初期化されるよう設定されており、紛失判明後には、遠隔操作で電源投入時のデータ初期化を実施。また通信会社へ機能停止などを依頼した。

同社では関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪を行っているが、不正利用の報告は寄せられていないという。

(Security NEXT - 2012/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ