Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同志社大HPが不正アクセスで閉鎖 - 個人情報漏洩は発生せず

同志社大学は、同大ウェブサーバが外部から不正アクセスを受けたとして、一時サイトを閉鎖した。個人情報の漏洩といった被害は発生していないという。

同大のウェブサイトが攻撃を受け、問題のサーバを一時的に閉鎖したもの。同大では、当面の措置として、同大各学部へのリンクや入試に関する情報などを掲載した簡易サイトを利用者向けに公開している。

攻撃を受けたサーバでは個人情報を管理しておらず、個人情報流出などの被害も発生していないという。今回の不正アクセスを受け、同大では外部機関による調査を実施するとともに、復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2012/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東