Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニ会員サイトが不正アクセスで改ざん被害 - 個人情報流出の可能性も

スクウェア・エニックスは、同社が運営する会員向けサイト「スクウェア・エニックスメンバーズ」が不正アクセスを受けたとして、公開を一時停止した。

同サイトに対して外部から不正アクセスがあり、同社が改ざんされた痕跡を確認したもので、12月13日13時にサイトを一時停止した。

個人情報データベースに対しても不正アクセスを受けたおそれがあるが、同社によれば、保有する個人情報にクレジットカード情報は含まれていないという。

同社では、改ざんなど被害の詳細について調査を進めている。また被害の調査やセキュリティ対策を実施するため、復旧には数日間かかるとしている。

(Security NEXT - 2011/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性