Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のAndroidマルウェアは33件 - 外部サーバの命令に従って動作する新種を確認

マカフィーは、Androidを対象としたマルウェアを11月に33件確認した。前月の44件から減少したものの、バックドア機能を持つ新種などが確認されている。

レポートによれば、11月に報告されたモバイル端末へ感染するマルウェアは37件。そのうち33件がAndroidを対象としたものだった。内訳はマルウェアの新種が2件、亜種が24件。不審なプログラム(PUP)の亜種が7件だった。

11月には、端末情報を外部サーバに送信する「Android/YiCha.A」があらたに確認された。同プログラムは、外部サーバの指示によりコードを実行するバックドア機能を持ち、特定の電話番号にSMSを送信したり、特定番号からのSMSを削除する。

バックドア機能を持つプログラムの場合、作成者は外部サーバのスクリプトを変更するだけで、動作の変更などコントロールが容易に行えるため、今後もバックドア機能を持つプログラムの増加が予想されるとして、同社では警戒している。

Android以外では、BlackBerryを対象とした新種のマルウェアが2件、不審なプログラムの新種と亜種がそれぞれ1件確認されている。

(Security NEXT - 2011/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連