Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、標的型攻撃対策サービスを拡充 - 被害発見や遮断サービスを追加

ラックは、標的型攻撃への対策を支援する「標的型サイバー攻撃・対策支援サービス」を提供を開始した。

同社では、標的型攻撃の対策サービスとして、疑似攻撃による従業員の教育サービスを従来より提供しているが、政府機関や企業などへ標的型攻撃が相次いでいることから、対策サービスを拡充した。

111201la_01.jpg
サービスメニュー一覧。早期発見から教育まで3ステップのサービスを用意

今回のメニュー強化により、「現状確認による被害の早期発見」「出入口の監視による防御」「予防訓練による従業員教育」の3段階のサービスを実現している。

最初のステップとして、現状を確認して被害の早期発見を支援するサービスを提供。ネットワーク機器のログに、ブラックリストにあるIPアドレスへのアクセスや、不正侵入の痕跡がないか調査し、被害の早期発見をサポートする。

さらに機器をゲートウェイに設置し、収集した情報を解析するメニューを用意。情報漏洩被害や、内部から外部へ不審なアクセスが行われていないか確認する。

また第2ステップとして、出入口の監視により防御するサービスを提供。同社の独自シグネチャを追加したIPSを設置し、ネットワークの境界を常時監視することで、ウイルスによる外部通信を発見し、遮断する。アプリケーションレベルでプロトコルを解析し、不正なトラフィックを発見、遮断するサービスもメニューに追加した。

同社は、疑似攻撃による標的型メール攻撃の予防訓練サービスとあわせ、サービス開始初年度に30社への提供を目指している。

(Security NEXT - 2011/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ