Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護支援専門員の研修受講者名簿を紛失 - 都福祉保健財団

東京都福祉保健財団は、介護支援専門員の研修会場において、研修受講者の個人情報含む資料を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、11月18日に実施された都の介護支援専門員更新研修の受講者名簿。研修を実施した同日の12時45分から15分ほどの間に、受付のテーブルからなくなったという。

同名簿には、136人分の氏名、登録番号、生年月日などが含まれており、周辺を捜索したが見つからなかったため、同財団では警察や都に届けた。また対象となる受講者に電話で謝罪している。

(Security NEXT - 2011/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県