Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

参院に対しても衆院同様の標的型攻撃が発生

官公庁を対象とした標的型攻撃が発生している問題で、参議院に対しても衆議院と同様の標的型攻撃が行われていたことがわかった。

衆議院議員に送り付けられたものと同様の不審メールが7件発見されたもので、参議院事務局が送り付けられた議員のPCについて感染状況を調べている。参議院のサーバにおけるウイルス感染は確認されていない。

政府では、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)に参議院へ情報提供や対応策について、協議や相談などへ応じるよう指示を出している。

(Security NEXT - 2011/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も