Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のフィッシング攻撃、4万件に迫る勢いで過去最高件数 - 前月比約1.5倍に

EMCジャパンRSA事業本部は、同社が9月に検知したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。9月に入って急増しており、4万件に迫る勢いだという。

111026rs_01.jpg
フィッシング攻撃の検知数推移(グラフ:EMCジャパン)

同社が9月に検知したフィッシング攻撃は3万8970件。2011年前半は1万件台で推移していたものの、5月に入って2万件台へ増加。8月には2万6907件で過去最多となったが、さらに9月に入って急増し、記録を更新した。

攻撃数の増加とは逆に、攻撃対象となったブランド数は前月の351件から300件へと減少した。大手金融機関など特定の組織の顧客を狙った攻撃に集中している。51%は6回以上の攻撃を受けていた。

攻撃を受けた回数を国別に見ると、米国が59%で突出しており、イギリスが20%、カナダが9%で続く。攻撃を受けたブランド数を国別でみると31%が米国。12%でイギリスが続いた。

一方フィッシングサイトのホスト国は、米国が66%と大半を占めており5%だったドイツやイギリスが2位以降に続いている。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向