Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマートフォンのセキュリティ研究会を設置

総務省は、スマートフォンやクラウド利用におけるセキュリティ上の課題や対策について検討する「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」を設置した。

同研究会は、個人や企業活動で活用が期待されるスマートフォンについて、マルウェア感染など従来の携帯電話と異なる問題が指摘されていることから、有識者を交えて課題について検討する。またスマートフォンと併用されるクラウドサービスについてもあわせて話し合う。

具体的には、セキュリティ上の課題をはじめ、現時点で実施済みの対策や今後導入すべき対策、利用者の意識向上を推進するために必要となる対策など検討する。

初回会合は10月19日を予定しており、政府関係者をはじめ、携帯電話キャリア、ハードウェアベンダー、セキュリティベンダーなど業界関係者、学術研究者といった有識者が参加。2012年6月に取りまとめを行う予定。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ