Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新技術「McAfee DeepSAFE」を採用した新製品、10月中旬に発表予定 - ゼロデイ対策など実現

米McAfeeは、10月17日より開催される同社イベント「FOCUS 11」において、新技術「McAfee DeepSAFE」を採用した新製品を発表する計画だ。

McAfee DeepSAFE
「McAfee DeepSAFE」のイメージ

「McAfee DeepSAFE」は、OSより下の階層で動作し、ハードウェア上で脅威を直接監視できる技術。Intel VTx技術を活用したもので、IntelによるMcAfee買収後、はじめての成果となる。

同イベントでは、同技術を活用した製品として「McAfee Deep Defender」「McAfee Deep Commander」が発表されると見られている。

詳細は明らかにされていないが、「Defender」はゼロデイ攻撃を防御する製品で、「McAfee Deep Commander」と同社集中管理製品「McAfee ePolicy Orchestrator(eOP)」の連携により、集中管理を実現するという。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
「Atlassian Confluence」のアップデートが公開 - すでに悪用済み、要対応
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
MS、11月の月例パッチを公開 - 悪用済み2件を含む脆弱性55件を修正
Google、「Chrome 94.0.4606.71」をリリース - ゼロデイ脆弱性などに対応
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
Kaseya、ゼロデイ攻撃受けたIT管理製品のアップデートを公開