Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数、10カ月ぶりの高水準 - 「Twitter」アカウント狙う攻撃も

フィッシング対策協議会は、9月に報告を受けたフィッシングの状況について取りまとめた。国内金融機関にくわえ、TwitterなどSNSのアカウントを狙った攻撃が発生しているという。

レポートによれば、9月に寄せられたフィッシング報告件数は48件で、7月から倍増した8月の37件を、さらに11件上回った。一時激減した6月から増加傾向が続いており、2010年11月以来の高い水準となっている。

フィッシングサイトのユニークURL件数も、前月から13件増加して43件。また、フィッシングにブランド名が悪用された企業数も1件増加して11件となっている。

9月は、「MasterCard」や「三菱東京UFJ銀行」を装ってクレジットカード情報などを詐取するフィッシング攻撃が発生。またTwitterなどのSNSサイトを狙ったフィッシングも確認された。

SNSサービスなどのアカウントが盗まれた場合、本人になりすまして不正行為が行われ、知人なども被害を受けるおそれもあるとし、同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向