Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、スマホ向けセキュリティサービスを11月中旬以降にスタート

KDDIと沖縄セルラーは、auのAndroid搭載スマートフォンを対象としたセキュリティ対策サービス「安心セキュリティパック」を、11月中旬以降より提供開始する。

同サービスは、トレンドマイクロの「ウイルスバスターモバイル for au」、3LMのセキュリティプラットフォーム、オプティムのリモートサポートをパッケージとして提供するセキュリティサービス。

「ウイルスバスターモバイル for au」では、不正アプリのインストールを防止したり、不正サイトへのアクセスを防ぐことが可能。3LMのセキュリティプラットフォームにより端末のリモートロックやデータ消去を行うことができる。

またオペレータにより、遠隔からスマートフォンを設定するオプティムのサービスは、国内キャリアとして、同社がはじめて採用したという。

全メニューに対応するのは、同社が秋冬モデルとして投入する「ARROWS Z ISW11F」「AQUOS PHONE IS13SH」「DIGNO ISW11K」「MEDIASR BR IS11N」で、順次拡大する予定。「ウイルスバスター モバイル for au」については、Android 2.2以上であれば利用できる。

同サービスの月額利用料は315円。12月末までサービスを無料で提供する。

(Security NEXT - 2011/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド