Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報3000件含む職員の個人PCが盗難 - 安城更生病院

愛知県の安城更生病院は、同院で手術を受けた患者3022人の個人情報が保存されたPCが盗難に遭ったことを明らかにした。

被害に遭ったのは職員の私有PCで、8月26日に盗難が発生した。2006年1月から2011年5月の間に同院で手術を受けた患者3022人の氏名、性別、年齢、病歴、診断名、術式、術日などのデータが保存されていた。

同院では、PCに起動パスワードを設定しており、通常の操作ではデータを取り出すことはできないと説明。対象となる患者に対し、謝罪の文書を送付するなど、対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
番組関連映像含むHDDが盗難、電車内で置き引き被害 - 関テレ
番組映像素材を含むメディアを紛失、電車内で盗難か - 読売テレビ
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院