Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報3000件含む職員の個人PCが盗難 - 安城更生病院

愛知県の安城更生病院は、同院で手術を受けた患者3022人の個人情報が保存されたPCが盗難に遭ったことを明らかにした。

被害に遭ったのは職員の私有PCで、8月26日に盗難が発生した。2006年1月から2011年5月の間に同院で手術を受けた患者3022人の氏名、性別、年齢、病歴、診断名、術式、術日などのデータが保存されていた。

同院では、PCに起動パスワードを設定しており、通常の操作ではデータを取り出すことはできないと説明。対象となる患者に対し、謝罪の文書を送付するなど、対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育園の園児情報含むUSBメモリが盗難に - 福井市
個人情報含むPCが盗難被害、困った人を助ける間に - 島根県立大
持ち出した患者情報が医師宅で盗難 - 神奈川県立こども医療センター
海外出張先で個人情報含むPCが盗難被害 - 東京都立大
車上荒らしで患者情報含むUSBメモリが盗難 - 兵庫医科大病院
県立高校6校で女子生徒の個人情報が盗難 - 岐阜県
交付前のマイナカードが所在不明、箱ごと誤廃棄か - 横浜市
海外空港で教員が置き引き被害、PCなどに個人情報 - 東海大
宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
番組関連映像含むHDDが盗難、電車内で置き引き被害 - 関テレ