Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、「Firefox 6」を公開 - 10件の脆弱性を解消

Mozillaは、メモリ管理の問題など複数の深刻な脆弱性を解消した「Firefox 6」を公開した。

最新版となる「Firefox 6」では、「Firefox 5」「同4」の「JavaScript」や「WebGL」処理においてメモリ破壊が発生し、任意のコードが実行される脆弱性を修正した。

また未署名のJavaScriptから署名済みJARファイルのスクリプトを呼び出すことができる権限昇格の問題など、重要度がもっとも高い「最高」の脆弱性8件に対応。また次に重要とされる「高」の脆弱性2件について修正を行っている。

(Security NEXT - 2011/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ