Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤送信で読者のアドレス流出 - 千葉市

千葉市ボランティアズカフェがメールマガジンを配信した際、送信先の氏名やメールアドレスを表示したまま送信するミスが発生していたことがわかった。

事故が発生したのは、7月19日14時過ぎに送信されたメールマガジン「ボラカフェ通信」。送信先アドレスを「宛先」欄に入力する人的ミスにより、送信先87件の氏名とメールアドレスが、受信者間で閲覧可能となった。

配信直後に受信者から指摘があり、誤送信が判明。送信者へ謝罪するとともに、メールマガジンの削除を依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社
個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大
総合文化センターでメール誤送信、利用者メアドが流出 - 松前町
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市