Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidの脅威、2011年初頭の10倍に - Dr.Webレポート

Doctor Web Pacificは、6月に同社製品が検知したウイルスの状況を取りまとめた。Androidを標的としたり、Windowsの起動をブロックするウイルスの増加が目立ったという。

同社がまとめたランキングによれば、6月にメールトラフィック内で検出されたウイルスの1位は、全体の19.08%を占めた「Trojan.DownLoad2.24758」。

PC上で検出されたウイルスの1位は、前月と変わらず「JS.Click.218」だったが、全体に占める割合は39.52%と後退している。

同社によれば、6月はAndroidを狙った不正プログラムが40件以上確認された。iOSを標的としたものはわずか1件で、サイバー犯罪者の狙いがAndroidに集中している状況となっている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件