Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidの脅威、2011年初頭の10倍に - Dr.Webレポート

Doctor Web Pacificは、6月に同社製品が検知したウイルスの状況を取りまとめた。Androidを標的としたり、Windowsの起動をブロックするウイルスの増加が目立ったという。

同社がまとめたランキングによれば、6月にメールトラフィック内で検出されたウイルスの1位は、全体の19.08%を占めた「Trojan.DownLoad2.24758」。

PC上で検出されたウイルスの1位は、前月と変わらず「JS.Click.218」だったが、全体に占める割合は39.52%と後退している。

同社によれば、6月はAndroidを狙った不正プログラムが40件以上確認された。iOSを標的としたものはわずか1件で、サイバー犯罪者の狙いがAndroidに集中している状況となっている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加