Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防が火災現場へ向かう途中に個人情報を紛失、同日中に回収 - 大阪市

大阪市東成消防署の隊員が、個人情報27件含む書類を火災現場へ向かう途中に紛失していたことがわかった。書類は同日中に回収したという。

一時紛失したのは、寝たきりや身体障害者など「災害弱者」22人の氏名および住所などが記載された書類。このほか放射性物質を扱うRI施設の責任者5人の氏名、緊急連絡先などが記載された一覧表なども含まれる。

6月10日、消防署隊員が火災現場へ向かうため14時46分に出動。その途中に梯子車から落下したと見られている。

同日15時5分ごろ、拾得した住民により消防署へ届けられ、すべての書類が回収された。対象者には説明と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2011/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院