Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NCSグループ、IT資産管理ソリューション「IP-guard」の取扱を開始

ネットワーククリエイティブサービス(NCS)とネットアンドコムシステムクリエイション(NCSC)は、台湾のTEC Solutions製IT資産管理ソフトウェア「IP-guard」の取り扱いを開始した。

同製品は、15のモジュールで構成されたIT資産管理ソリューション。ログ取得のほか、システムをカーネルレベルで管理できる。TEC Solutionsの日本法人であるTEC Japanでは、今回の協業を通じて拡販を進める。

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置