Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で関係者のアドレス151件流出 - 日本M&Aアドバイザー協会

日本M&Aアドバイザー協会は、メール送信時の人為ミスにより、送信先のアドレス151件が流出したことを明らかにした。

同協会事務局が、6月3日にメール「M&Aアドバイザー開業・養成講座のご案内」を関係者へ一斉送信した際、アドレスを誤って宛先に記載して送信。そのため送信先のメールアドレス151件が受信者間で確認できる状態となった。

メール送信後、受信者からの指摘があり判明。対象者に連絡し、謝罪している。

(Security NEXT - 2011/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀