Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で関係者のアドレス151件流出 - 日本M&Aアドバイザー協会

日本M&Aアドバイザー協会は、メール送信時の人為ミスにより、送信先のアドレス151件が流出したことを明らかにした。

同協会事務局が、6月3日にメール「M&Aアドバイザー開業・養成講座のご案内」を関係者へ一斉送信した際、アドレスを誤って宛先に記載して送信。そのため送信先のメールアドレス151件が受信者間で確認できる状態となった。

メール送信後、受信者からの指摘があり判明。対象者に連絡し、謝罪している。

(Security NEXT - 2011/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター