Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月はフィッシングサイトが急増 - 国内企業のサイト内に設置されるケースも

フィッシング対策協議会は、5月に報告を受けたフィッシングの状況について取りまとめた。1度の攻撃で複数のサイトが設置されるケースが目立っている。

レポートによれば、5月に寄せられたフィッシングメールの報告件数は38件で、前月より14件増加した。

5月に大きな動きが見られたのは、フィッシングサイトのユニークURL件数。前月から290件増加し、314件となった。直近1年で50件を超えたのは84件確認された2010年6月のみで、前月も24件と落ち着きを見せていたが、急激に増加した。

1度のフィッシング攻撃で複数のフィッシングサイトが用いられており、国内企業のサイト内に米国や英国の金融機関を装ったフィッシングサイトが設置された事例も複数確認されている。

ブランド名を悪用された企業も前月から34件増加して43件となった。5月16日には、マスターカードを騙るフィッシングサイトに関する緊急情報が公開されている。

(Security NEXT - 2011/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割