Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査の「調査世帯一覧表」を紛失 - 長野県

長野県は、労働力調査の調査対象世帯に関する個人情報が記載されたリストを、調査員が松本市内において紛失したと発表した。

紛失したのは、調査員が労働力調査の実施時に携帯していた「調査世帯一覧表」2枚。調査対象世帯13件の氏名が記載されており、そのうち2件についてはアパートの名称や部屋番号も含まれる。また調査区の地図も添付されていた。

5月24日に紛失に気付いたもので、訪問先などを捜索したが見つからなかった。22日の調査時に、訪問先に置き忘れたと見られている。

同県では、警察へ届け出るとともに、対象世帯を個別に訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
移動献血会場の予約者リストを駐車場で紛失 - 日本赤十字社
農協検査の関係書類を紛失 - 静岡県
マイナンバーカードを紛失、箱ごと誤廃棄か - 阿蘇市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
世帯情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 愛知県
個人情報含む請求書を別の団体へ誤送付 - 岩手県予防医学協会
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県