Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査の「調査世帯一覧表」を紛失 - 長野県

長野県は、労働力調査の調査対象世帯に関する個人情報が記載されたリストを、調査員が松本市内において紛失したと発表した。

紛失したのは、調査員が労働力調査の実施時に携帯していた「調査世帯一覧表」2枚。調査対象世帯13件の氏名が記載されており、そのうち2件についてはアパートの名称や部屋番号も含まれる。また調査区の地図も添付されていた。

5月24日に紛失に気付いたもので、訪問先などを捜索したが見つからなかった。22日の調査時に、訪問先に置き忘れたと見られている。

同県では、警察へ届け出るとともに、対象世帯を個別に訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府
認定こども園で個人情報含む書類が所在不明 - 安曇野市