Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、クーポン利用した電子証明書の再販制度を導入

GMOグローバルサインは、同社電子証明書の再販パートナー制度に、クーポンを利用した新制度を導入した。

クーポンを利用した同制度では、パートナーが電子証明書を発行できるクーポンを販売するもの。購入者はクーポンコードを同社サイトへ入力し、電子証明書を受け取るため、販売したパートナーによる購入者へのサポートが不要。

同制度による販売は、パートナープログラムへ参加する必要がある。プログラムは、電子証明書の代金を一括で入金する「プレミアムパートナー」と、案件ごとに対応する「オーセンティックパートナー」の2種類が用意されている。

同制度による再販は、サービス開始当初「マネージドPKI Lite」のみ対応するが、同社では、今後対応する商品を拡大する計画。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング