Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RADVISION製ビデオ会議システムの同梱ツールにSQLインジェクションの脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、RADVISIONのビデオ会議システムに同梱されているツール「iVIEW Suite」の脆弱性について注意喚起を行っている。

「iVIEW Suite」は、RADVISION製ビデオ会議システム「SCOPIA」に付属する運用管理ツール。「同v7.5」より以前のバージョンのデータベースにSQLインジェクションの脆弱性が含まれているため、遠隔から不正にデータベースが操作される可能性がある。

今回の脆弱性については、NRIセキュアテクノロジーズの岡博文氏が2009年10月に同機構へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施していた。代理店が情報提供を行っている情報をもとに最新版へアップデートすることにより、脆弱性を解消することができる。

(Security NEXT - 2011/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み