Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFUとエムオー、エージェント導入やスマホ登録を徹底できるIT資産管理ソリューション

PFUとエムオーテックスは、IT資産管理ソリューション「LanScope Cat6」と機器管理アプライアンス「iNetSec Smart Finder」の連携ソリューションを提供すると発表した。

同ソリューションでは、「iNetSec Smart Finder」の機器管理や検疫機能を活用することで、「LanScope Cat6」への登録漏れなどを防止できる機能を提供する。

具体的には、クライアントPCでは、「LanScope Cat6」による資産管理にあたり導入が必要となるエージェントについて、「iNetSec Smart Finder」により未導入の端末をネットワークの接続から自動的に遮断。エージェント導入の必要性を案内することで、導入を推進できる。

また「LanScope Cat6」へ手動で登録が必要だったスマートフォンやプリンタなどクライアントPC以外のIT資産について、ネットワーク上のIT資産を検知して収集できるため、登録漏れなどを防止。また未登録の端末を検知し遮断できる。

(Security NEXT - 2011/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション