Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でキャッチコピー応募者のアドレス流出 - 岩手県

岩手県観光課においてメール誤送信が発生し、「いわてデスティネーションキャンペーン」のキャッチコピー応募者のメールアドレスが流出したことがわかった。

同課ではキャッチコピーを募集をしていたが、東日本大震災の影響により、応募作の選定作業を一時休止。その旨を応募者へ通知するメールを送信した際に操作ミスが発生した。

送信先アドレスを誤って宛先欄に入力したもので、112人分のメールアドレスが流出したという。同県ではチェックの強化など再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
案内メール誤送信でスクール参加者のメアド流出 - 自然科学研究機構
イベント案内メールで誤送信 - 東京都人権啓発センター
アンケート依頼メールを誤送信、会員のメアド流出 - 中部経済連合会
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市